法律と条例の違いについて

法律と条例の違いをご存知でしょうか。
今回は、この両者の違いを解説していきますので参考にしてください。
まず、法律は国が作るルールです。
そのため、日本に住んでいるのであれば、すべての人が守らなければなりません。
例えば、道路交通法と言うルールがあります。
この道路交通法とは、車を運転する人に適用される法律です。
したがって、日本国内で運転をする人は全員、道路交通法を遵守しなければなりません。
そして、条例は地域ごとに定めることができます。
例えば、東京に住んでいる人だけに適用されます。
自治体ごとに制定することが可能ですので、より地域の実態に合ったルールを作ることができるのです。
この条例は、自治体の機械で作ることができます。
したがって、地域の実態をよく知る議員たちによって作られることになります。
もちろん、違反してしまった場合には罰せられることがありますので注意が必要です。
自分の地域にはどのようなものがあるのかを調べてみると良いでしょう。

法律における年齢との関係

法律には、年齢が関係するものと、関係しないものの2つが存在しています。
例えば、憲法で定められている基本的人権は、子供も大人も同じ権利が与えられています。
そのため、大人であっても、子供の人権を侵害することは、許されない仕組みになっているのです。
具体的には、子供が義務教育を受ける権利を、その親であったとしても、奪うことは出来ません。
仮に親が自分の子供に対して、義務教育を受ける機会を奪うと、罪に問われることになるのです。
これに対して、法律で年齢を定めていることもあります。
例えば、お酒を飲むことは、20歳以上には認められています。
しかし、20歳未満の場合には、お酒を飲むと罪に問われることになるのです。
20歳未満がお酒を飲むことを禁止しているのは、身体にとって有害だと分かっているからです。
20歳未満というのは、身体が成長する時期に当たります。
その時期にお酒を飲むと、健全な身体の成長を阻害することになるのです。
このように、法律で年齢が定められるときは、何らかの理由があることが多いのです。