法律と条例に違いはあるのか

法律と条例。
どちらも私たちの暮らしに大きく影響を与えるものですが、素人にはその違いがよくわかりません。
双方とも法的な効力があるのは同じですが、厳密には異なるものです。
簡単にいえば法律は国が定めたルール、条例は地方自治体が定めたルールになります。
ただし国が定めたルールを逸脱したものを策定することはできません。
地方自治体が独自のルールを定める場合でも、それはあくまでも国が定めたルールを逸脱しない範囲であることが求められているのです。
また罰則についても双方には違いがあります。
たとえば条例で定められる罰則の範囲は法律によって定められており、それを超える罰則規定を設けることはできません。
この規定に反したルールはすべて無効とされます。
ただし地方自治体が定めたルールが国のルールに違反しているかどうかの判断は、単純に文言だけを対比しておこなうのではなく、設立の目的や趣旨、内容、効果などを比較して矛盾がないかどうかによって決めるとされています。

法律で重要になる年齢の問題

人間は歳とともに色々なことを学びますが、年が若いころは物事をうまく理解できず問題になることがあります。
そういう問題があるので法律では年齢によって対応が変わり、若い人の場合は条件がゆるくなることが多いです。
例えば遺産などの手続きをするときも、年齢が若い場合は本人ではなく弁護士などが担当をします。
そういう専門家が担当をする事ができれば、相続をする時に問題にならないようにできます。
またこの歳の問題は高齢者の場合も当てはまり、あまりに歳をとった人も保護の対象になります。
高齢の方は痴呆の症状が出たり、何らかの病気のせいでうまく動けないことがあります。
そうなると法的な手続きが難しくなるので、その時は専門家がサポートをして対応をしてくれます。
このような専門家による対応は効果的で、年齢によって起こる色々な問題を解決することができます。
ただ専門家のサポートは予め頼んでおかないといけないので、事前の準備が重要になりやすいです。