法律と条例の違いについて

法律とは、国会などで審議されて制定される、国家レベルの規則や命令を指します。
一方、条例とは、都道府県や市区町村などの公共自治体が定める、いわば、特定の地域が独自で定める規則や命令で、自治立法権に基づいて制定されます。
例えば、路上喫煙禁止条例が代表的な例です。
路上における歩行中の喫煙行為を禁止する規則ですが、その適用範囲を地域全体としたり、駅周辺に限定したり、あるいは、違反者に対する罰金(科料)を1万円以下にしたり、単に努力義務に留めるなど、その詳細は地域によって異なり、また、制定や施行時期も様々です。
特定の地域が定める条例であっても、拘束力はあります。
例えば、違反者が罰金を滞納すれば、強制徴収を実行できるし、延滞金を追徴することも可能です。
また、その地域に居住していないという理由で、罰則を免除されることもありません。
つまり、その手続き方法や司る機関が異なるだけで、法律と同レベルで扱われるものです。

ICHIKIN

ホステス派遣

個人の年齢と法律の扱い方

社会の中で発生している事件の多くは、年齢が基準になって発覚しています。
その基準を自分で理解しておけば、色々な問題に巻き込まれるケースも減ります。
最近は社会も全体的に厳しくなっているため、しっかりとマナーを守っている人間が得をします。
つまりあらゆるルールはそれを守る人間のために機能しているのです。
法律の中で問題になるのが年齢に関する内容です。
近年では微妙な年齢の差で罪が軽くなることもあります。
それは幼い人間には人生を変えられるチャンスがあるためです。
社会の大人たちもそういった事実を理解しているため、若い世代には甘い部分もあるのです。
しかし、その実態は若者たちには大きなメリットになっています。
若い世代の大半は社会の中でも未熟な部分が残っています。
場合によっては法律と対峙して議論をすることもあります。
ここで法律の内容を理解していると有利な立場を得られます。
これは異なる世代の相手と平等に議論をするためには必要なことです。

最新投稿